携帯電話でご覧の方はこちらへ

裁判・少額訴訟なら埼玉県川口市の認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士事務所【相談無料/見積無料/秘密厳守/費用分割OKの裁判・少額訴訟サポート】

ごあいさつ

法律の「もめごと」でお困りではないですか?
私たちがそんなあなたのお力になります。

私たち認定司法書士には、
簡易裁判所での訴訟代理権が与えられています。
言い換えれば、争いになっている額が140万円以下ならば、
弁護士さんと同じように裁判ができるということです。
最近では一般の方からの
「少額訴訟を起こしたい」というお問合せが
非常に多くなっていますが、私たちはこの少額訴訟も取り扱っています。

また、争いになっている額が140万円を超える場合でも、
司法書士は訴状などの書類を作成することができますので、
ご自分で裁判手続をする方のサポートをすることもできます。

弁護士さんに依頼しようと相談に行ったら、「着手金20万円」と言われて、
20万円は払えないからとご相談に来られる方がたくさんいらっしゃいます。
弁護士さんはその名の通り「法律のスペシャリスト」で、
争いになっている額が1億円を超える事件でも、
どんなに複雑な事件でも取り扱うことができます。
そのスペシャリストを味方にするわけですから、20万円は決して高いとは言えません。

でも、ちょっと立ち止まって、今あなたが抱えている問題を見返してください。
「法律のスペシャリスト」の力を必要とする事件でしょうか?



あくまで私見ですが、 司法書士に適した事件としては次のようなものが挙げられます。

  • (1)お金を貸したが返してくれない。
  • (2)売掛金がなかなか回収できない。
  • (3)請負代金・修理代金を払ってくれない。
  • (4)家賃をなかなか払ってくれない。
  • (5)敷金・保証金を返してくれない。
  • (6)勤めていた会社を突然解雇された。
  • (7)交通事故の修理代金を払ってくれない。
  • (8)悪徳商法にひっかかってしまった。
  • (9)サラ金の過払金を取り返したい。

当事務所では、いわゆる着手金もいただいておりません。
まずはお気軽にご相談ください。




無料相談のご予約をされる場合は 無料相談予約フォーム
当事務所の裁判手続費用を知りたい場合は 費用
一般的なご質問は FAQ
具体的なご質問は お問合せフォーム


川口市民法務事務所 代表:認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士松本淳

普通の裁判とは何が違う?少額訴訟の基礎知識

通常の裁判とは異なる少額訴訟について少しおさらいしてみましょう。
その名の通り、請求金額が少額な民事訴訟のことをいいます。
裁判というと何回も裁判を行うイメージが強いかもしれませんが、
こちらは簡易裁判所で行い、
通常の裁判よりもスピーディーに判決を得られるのが一番の特長です。

なぜ少額訴訟があるの?

以前は、金額を問わず通常通りの裁判を行っていました。しかし、請求金額が少額なために、裁判に持ち込むには時間的にも費用的にも釣り合わないというケースが多々あったのです。

賃貸物件の敷金の返金であったり、アルバイトの給料の不払いであったり、隣人とトラブルによる損害賠償であったり……数十万円という少額は、たとえ手にできたとしても裁判費用にほとんどが消えてしまいます。そのため、多くの方が少額なのを理由に泣き寝入りしていたのです。そこで設けられたのが少額訴訟の制度です。通常の裁判訴訟費用よりも抑えた金額で、スピーディーに審理が行われる本制度は広く受け入れられました。

特徴

  • ・やり取りされるのは金銭のみ
  • ・通常は1日(平均1〜2時間)で審理が終わる(そのため1日で扱える内容に限られる)
  • ・同一の簡易裁判所で同じ年に10回以上訴えを起こすことはできない
  • ・訴えられた側は反訴や控訴はできないが、異議申立はできる(通常訴訟に移行される)
  • ・訴訟の途中で話し合いにより解決(和解)することができる

こんなときには通常の裁判ではなく少額訴訟を

60万円以下の金銭の支払いを求める場合

少額訴訟で請求できる金銭の上限は60万円以下です。これ以上の金額になると通常の訴訟による裁判となります。あくまで金銭の支払いに限定するため、土地などの不動産、物品の引き渡しなどは行えません。

相手の所在がわかっている

通常の訴訟および裁判であれば、相手の所在がわからなくても訴状を届けるのと同等の対応方法がありますが、少額訴訟にはありません。相手の所在を把握していて滞りなく訴状を届けられること、また相手が通常の訴訟ではなく少額訴訟を希望しない限り、審理は行えません。

証拠がある程度そろっている

審理は1回で決着をつけるため、証拠がすべてそろった状態で当日に臨むケースが大半です。通常の裁判のように何度も繰り返すことはありません。ですから、証拠となる書類や証人をすぐに手配できる状態のトラブルに適しています。

比較的シンプルなトラブルである

1回の審理で決着をつける点、当日までにすべての証拠をそろえる必要がある点などを考慮すると、シンプルな問題であればあるほど適しています。争点が多岐にわたる場合は証拠をそろえるのに時間がかかってしまいます。

─豆知識─「少額訴訟」をちらつかせた悪質な詐欺

通常の訴訟(裁判)と比較して手軽さがある制度のため市民の紛争解決手段として
広く有効活用されている少額訴訟ですが、
一方で悪質な犯罪の手段にも使われてしまっています。

まったく身に覚えがないのに、
ある日突然請求書や督促状が届くワンクリック詐欺などの架空請求詐欺。
この請求においてちらつかされるのが「少額訴訟」の文字です。
受け取った被害者に不安感を与え、効率よく金銭を引き出そうとするために、
法的効力や執行力を連想させる「少額訴訟」の言葉を使用する悪徳業者が存在します。

ただ、書面にて通知しつつも、
本当に審理に持ち込まれると裁判によって自分たちの身元が知られてしまううえに、
反対に詐欺行為を訴えられてしまうリスクがあるため、
実際に訴訟されるケースはほとんどありません。

埼玉川口にある川口市民法務事務所は、
さいたま市・川口市・蕨市・戸田市・所沢市・川越市・越谷市などを中心とした
埼玉県近郊にお住まいの方からの裁判や少額訴訟に関するご相談をお受けしています。
ご相談は無料です。

当サイト運営事務所

川口市民法務事務所のホームページ

埼玉県川口市
認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士事務所
川口市民法務事務所

http://www.office-kawaguchi.jp

事務所は埼玉県川口市にございますが、県内・都内の方はもちろん相談によっては全国からのご依頼に対応できます。登記、債務整理、その他法律に関するご相談は無料で承っておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

川口市民法務事務所アクセスマップ

ブログ「債務整理と過払い金の事例100撰」

年中無休で受付中

お問合せ

フリーダイヤル0120−232−242

− 主要営業エリア −

埼玉県

さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、川越市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、熊谷市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、加須市、北本市、久喜市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、騎西町、北川辺町、大利根町、宮代町、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、杉戸町、松伏町、美里町、神川町、上里町、江南町、寄居町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

東京都

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、国立市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、青梅市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

千葉県

千葉市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、館山市、木更津市、銚子市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市

神奈川県

横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、小田原市、相模原市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、南足柄市

認定司法書士・行政書士
土地家屋調査士
川口市民法務事務所

〒332-0034
埼玉県川口市並木2-37-2
TEL 048-240-4620
FAX 048-240-4621

COPYRIGHT (C) 2007 -2013 Kawaguchi Civic Legal Office. ALL RIGHTS RESERVED.